世田谷区議会議員 諸星よういちの公式サイト★やり遂げる実現力

世田谷区議団の実績

  • HOME »
  • 世田谷区議団の実績

 

保健・医療・福祉拠点が誕生へ!

保健センターや初期救急診療所はじめ、認知症、高齢者・障がい者支援施設を整備

都立梅ヶ丘病院跡地に2019年度開設めざす

都立梅ヶ丘病院跡地に世田谷区内全域をカバーする保健・医療・福祉サービスの総合拠点が誕生します。公明党の推進により、2019年度の開設をめざしています。この総合拠点には、世田谷区と民間事業者が連携し、「区複合棟」と「民間施設棟」が整備されます。区複合棟には保健センターや初期救急診療所(小児科、内科)・薬局をはじめ、認知症患者や家族などを専門的に支援する「認知症在宅生活サポートセンター」などを併設。民間施設棟には高齢者・障がい者支援施設が整備されます。

若者の自立を一括して支援!

引きこもりなど生活に関する相談から、就労までを一カ所で継ぎ目なく

世田谷若者総合支援センターが好評博す

wakamono_c

東急田園都市線の三軒茶屋駅から徒歩約15分の場所にある「世田谷若者総合支援センター」(池尻2-4-5)が好評です。公明党が推進した同センターには、若者の就労支援を行う「せたがや若者サポートステーション」や「ヤングワークせたがや」のほか、2014年9月に引きこもりの生活相談などにあたる「メルクマールせたがや」を新設。若者の自立から就労までを一カ所で継ぎ目なく支援しています。

「働きたい」を応援  三茶おしごとカフェ(世田谷区三軒茶屋就労支援センター)が人気

就職機会に恵まれない若者や、子育て中や子育て後の再就職をめざす女性など、仕事探しで困っている人をサポートしています。「働きたい」を応援するため、①おしごと相談②シニアワークせたがや(概ね55歳以上の仕事探し)③内職相談④ハローワーク窓口――など、就労支援の総合拠点として人気です。

※三茶おしごとカフェ:太子堂2-16-7 世田谷産業プラザ2階

子どもの人権守る機関設置 「せたホッと子どもサポート」では「あなたの困った」を相談できます

「せたホッと」は、世田谷区に住んでいる子どもや区内の学校に通う子どもの権利侵害があった時など問題の解決のために子どもをサポートする機関です。何でも気軽に相談できます。

【会って相談したい】子ども・子育て総合センター3階「せたホッと」(宮坂3-15-15)
※月曜~金曜日の午後1時~8時、土曜日の午前10時~午後6時(日・祝日は休業)
【電話で相談したい】☎0120-810-293(ホッとにきゅうさい)

子育てママを応援します!

産後のお母さんを対象に母体ケア、乳児ケア、育児相談・指導など行う

産後ケアセンター桜新町を一部負担金で利用可能に

 

sango_c区内在住の生後4カ月未満の子どもとその母親で、産後に育児不安や体調不良があり、家族の支援を受けられない方を対象に「産後ケアセンター桜新町」(桜新町2-29-6)を一部負担金で利用できます。

同センターは専門のスタッフが24時間体制で子育てを支援する日本初の宿泊施設です。

駅前に育児支援拠点 子育てステーションが区内5カ所に設置

利便性の高い駅前に、「あそぶ」「そうだん」「あずかり」「ほいく」の4つのサービス機能を備えた「子育てステーション」が好評。成城・烏山・梅丘・三軒茶屋・桜新町の5カ所に設置されています。

子ども医療費の無料化で、中学3年生まで応援

妊産婦検診(基本検診)の無料化を14回まで拡大

がん対策といえば「公明党」!

「がん対策推進条例」制定で、がん死亡率減少へ

公明党の主張が実り、2014年11月定例会で「がん対策推進条例」が制定されました (15年4月1日施行) 。条例の制定で、正しい知識の普及や、生活習慣の見直しによるがん予防、検診受診率のアップ、患者や家族への相談支援、がん教育の充実などに取り組み、がん死亡率の減少を図ります。

区保健センターに「がん相談コーナー」を設置

2014年10月から区保健センターに「がん相談コーナー」が開設され、喜ばれています。がんの不安や悩みの相談だけでなく、在宅療養を支える公的な補助やサービスなど、患者や家族に必要な情報を提供してくれます。

※がん相談は、世田谷区保健センター(三軒茶屋2-53-16)。毎月第2、4土曜日。
事前予約制(☎03-3410-9118月曜~金曜日の午前9時から午後5時まで受付)。

防災・減災対策の備え万全に!

スタンドパイプの設置・普及を推進

火災発生時に消火栓の水圧を利用して消火活動をすることができる「スタンドパイプ」の設置・普及を進めています。消防車が入れないような狭い道路でも、消火栓があれば放水可能です。また、飲み水としても使えるため、万全の備えが必要です。

区立小中学校 耐震診断・耐震補強を推進

避難所となる学校にマンホールトイレ設置

薬物・危険ドラッグ対策を強化!

「夜回り先生」こと水谷修氏も世田谷の危険性を指摘

「世田谷は六本木、八王子に次いで麻薬の密売地になっている」。“夜回り先生”こと水谷修氏が2009年、公明党世田谷総支部のフォーラムで講演し、指摘。そこで党総支部青年部は薬物乱用防止ステッカーやカードを作成し、区内のライブハウスやカラオケ店など、若者が薬物に触れやすい場所への貼りだしを推進。一方、国会で改正薬事法が成立し、「危険ドラッグ」の規制も進んでいます。国や都とも連携し、薬物対策のさらなる強化に取り組みます。


区政相談はお気軽にお問い合せください TEL 03-3426-7197 留守の場合は、留守電をご利用ください。

PAGETOP