世田谷区議会議員 諸星よういちの公式サイト★やり遂げる実現力

老後を安心して暮らせる世田谷へ

老後を安心して暮らせる世田谷へ

family_illust大介護時代アンケートの調査結果から

団塊の世代が75歳以上になる2025年から日本は少子高齢化のピークを迎え、人類が経験したことのない超高齢社会が到来します。世田谷区も例外ではなく、高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)はすでに約2割。しかも高齢者を抱える家族のうち、老老介護は約5割に達しています。今後も高齢者人口は増え続け、だれもが避けて通ることのできない介護の問題に直面することは間違いありません。

そこで公明党世田谷総支部は、「介護の充実」が最重要の課題と位置付け、党区議団と党員が中心になって2014年5月から7月にかけ、「大介護時代アンケート」を実施し、約1万人から貴重な声を聞き取ることができました。
そのアンケート調査の結果から、介護者の負担の増加や訪問介護サービスの不足、認知症対策、一人暮らし高齢者への支援など、さまざまな課題が浮き彫りになっています。

公明党は、老後を安心して暮らせる世田谷をめざして政策提言を行い、介護基盤の整備・充実を進めます。
ここでは、その主なものを紹介します。

「介護者の負担軽減」が急務

調査によると、介護を受けている場所は、自宅が78.8%と高くなっています。その上で、「在宅介護で困っていることは何か」との質問に対し、「介護する家族の負担が大きい」が35.4%と、最も多く寄せられています。次いで「要介護者等の具合が悪くなった時に一時入所できる施設がない」(19.7%)、「介護サービスの利用料が高い」(14.6%)と続いています。

zaitakukaigo_graph

公明党の提言 〜 家族の休息・訪問介護事業など推進

公明党は、家族介護者に休息を取ってもらう体制整備が急務と考え、介護が必要な高齢者を一時的に施設にあずかってもらう「休息(レスパイトケア)事業」の拡充や、利用者が自立した日常生活を送ることができるよう、必要に応じて訪問介護やショートステイ(短期入所生活介護)などが受けられるサービス(小規模多機能型居宅介護など)の整備を進めます。 また、2019年に梅ヶ丘病院跡地に開設される高齢者支援施設の大幅な機能充実を図る方針です。

認知症、早期発見の仕組み必要

また、調査では、今、大きな社会問題になっている認知症への対応について声を聞いています。
どんな点に重点を置くべきかについては、「医療・介護・地域が連携した早期発見・早期診療の仕組みづくり」を望む声が73.3%と最も高くなっています。続いて、「認知症グループホームや特別養護老人ホームなどの施設整備」(53.1%)を求める声が多くなっています。

公明党の提言 〜 予防講座の開催や支援体制を強化

公明党は、認知症の発症に生活習慣との関わりが指摘されていることから、予防の強化を訴えています。
予防には、野菜や果物、魚をよく食べる食習慣への改善をはじめ、ウオーキング等の有酸素運動、人とのお付き合いを大切にした日々を過ごすことなどが重要と言われています。そこで、予防のための講座を数多く開催するなど、取り組みを進めます。

また、地域の「かかりつけ医」が認知症を早期に発見したり、専門の支援チームが患者の自宅を訪問して、症状の初期段階から対応する「認知症初期集中支援チーム」の充実・拡充にも取り組みます。
このほか、認知症対応型の通所介護(デイサービス)の早急な整備も求めています。

一人暮らし支援の充実が不可欠

世田谷区の高齢者の世帯状況は、一人暮らし世帯が約4割、高齢者夫婦のみ世帯は約3割に上っています。そこで、区に対して、どのような政策の充実を望むかを聞いたところ、「一人暮らしの高齢者への援助」を求める声が64.6%に達し、圧倒的に多くなっています。一人暮らし高齢者の孤立傾向は高くなっており、支援の充実が不可欠です。
次いで「家族などの介護者に対する援助」(49.8%)、「高齢者向け住宅の整備」(39.9%)と続いています。
一方、介護を受けたい場所は自宅よりも入所系の介護施設が高くなっています。介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームなどを希望される傾向があります。
高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、高齢者に適した住まいの確保が求められています。

■介護を受けたい場所
kaigo_graph

公明党の提言 〜 あんしん見守り事業などの充実

公明党の提案で始まった見守り施策。町会・自治会・民生委員・社協をはじめとする地域活動団体が、課題を共有し、異変を感知し、相談機関につなげる高齢者見守りネットワークを全地区で行うことを求めています。また、あんしんすこやかセンターに見守りコーディネーターを配置し、見守りを必要とする方の把握や訪問を行い、支援につなげることも提案しています。

不足している特別養護老人ホームや都市型軽費老人ホーム、高齢者集合住宅(シルバーピア)の整備・拡充を進めます。


区政相談はお気軽にお問い合せください TEL 03-3426-7197 留守の場合は、留守電をご利用ください。

PAGETOP